内視鏡検査は、胃カメラともよばれ、食道・胃・十二指腸を観察することができる検査です。これらの臓器は他の検査では詳しく調べることができません。食道がんや胃がんは、早期に発見できれば内視鏡で治療することができる病気です。その他、ピロリ菌感染の評価や潰瘍や炎症の評価もあわせて行うことができます。

消化器内科

口からでも鼻からでも対応

当院では、スコープ用いて、鼻から挿入・観察を行う経鼻内視鏡検査に対応しております。困難である場合は、鼻からの挿入が困難である場合は経口内視鏡検査へ変更することも検討します。

経鼻内視鏡によるメリットは、鼻から挿入することで舌の付け根にスコープが触れずにすむことです。これにより嘔吐感を引き起こしにくくなります。また検査中も会話ができるので、医師に質問することも可能です。

検査をお勧めする方

  • みぞおちの周辺が痛む方
  • 胃の不快感・胸やけ・喉または胸のつかえ感がある方
  • 吐き気・嘔吐・吐血の症状がある方
  • 黒い便が続く方
  • 体重の急激な減少がある方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を繰り返している方
  • 胃がん・食道がんになった家族のいる方
  • 塩分を多くとる方
  • 喫煙者 など

早期発見が可能な病気

逆流性食道炎、食道カンジダ症、好酸球性食道炎、食道がん、胃炎(急性・慢性)、胃ポリープ、胃潰瘍、胃粘膜化腫瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、十二指腸がんなど

検査を受ける時の注意点

まずは受診していただき、症状などをお聞かせください。日時を決定し、予約をお取りします。また、事前に感染症の評価目的での採血を行います。常用薬の休薬などをお願いする場合がありますので、お薬手帳をご持参ください。

  • 検査前日
  • ・前日の夕食は、消化のよい食事をなるべく早めに済ませるようにしてください。
  • ・アルコールは控えることが好ましいです。
  • ・午後9時を過ぎたら、飲食、服薬をしないようにしてください。
  • 検査当日
  • ・検査が終わるまで飲食は禁止です。うがいは構いません。
  • ・タバコは吸わないでください(胃液分泌が多くなり、検査が行いにくくなります)。
  • ・リラックスして検査が受けられるよう、ゆったりとした服装でご来院ください。

検査の流れ

食道・胃 内視鏡検査は、挿入する場所(鼻か口)によって検査機器も手順も異なります。検査時の経鼻内視鏡と経口内視鏡の大まかな流れは以下の通りです。

経鼻内視鏡

1.問診後、消泡剤を服用
胃の中の泡を消泡剤で除去します。胃内を観察しやすくします。
2.挿入する鼻の穴を選択し、鼻腔に麻酔薬を注入
鼻の通りの良い方の穴を確認して、内視鏡を挿入する穴の奥に麻酔をします。
3.ベッドで横向けに寝て内視鏡を挿入、検査開始
鼻の麻酔が効いてきたら、検査ベッドへ移動します。口は自由に動かせますので、医師らとの会話は可能です。
4.胃の内部などを観察
食道をはじめ、胃や十二指腸を観察し、必要があれば組織を採取します。
5.検査終了
一通り観察を終えたら検査は終了です。検査時間は、個人差はありますが、5分程度です。

経口内視鏡

1.問診後、消泡剤を服用
胃の中の泡を消泡剤で除去します。胃内を観察しやすくします。
2.咽頭麻酔を行う
のどに麻酔薬を数分間溜めて頂き、麻酔を行います。
3.検査開始
マウスピースをくわえ、左側を下にしてベッドで横になります。口から胃カメラを挿入し、検査が始まります。
※鎮静剤をご希望になる方は、鎮静剤を注射してから検査を行います。

※以降経鼻内視鏡と同様です。

検査後の注意点について

  • 経鼻内視鏡検査を受けた後は、鼻を強くかまないでください。
  • 検査後、1時間程度は飲食を控えてください。むせこみのないことを確認してから食事を再開してください。
  • 組織検査を行った方は、お食事は2時間以上経過してからにしてください。
  • 検査後2~3日は、アルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がるようにしてください。
  • 検査当日の車の運転は控えてください。
  • 食道・胃 内視鏡検査では、胃に空気を入れて膨らませます。そのため検査後はお腹が張りますが、次第に楽になりますので、心配する必要はありません。